初心者の「インターネット」とは?

検索エンジン最適化(SEO)2

最適化の方法

検索エンジンの最適化には、さまざまな方法が利用されています。適切なキーワードをタイトルやページの先頭に持ってくるというのが基本的の方法ですが、業者によっては検索エンジンスパム*16と呼ばれる方法を利用されることもあります。ただし、検索エンジンスパムを利用したことが発覚すると、建作エンジンのインデックスから削除されるなどのペナルティが課せられる。特定のドメイン、IPアドレスを検索対象から除外するペナルティもあって、ドメイン、IPアドレスの再取得といった多大なコストがかかってしまうこともあります。

2008年当初に、Googleではウェブページの順位決定のアルゴリズムにキーワードとリンクの意味づけとは無関係な、時間的に新しい記事を優先するというルールを採用したのではないか、という観測があって、この観測が正しいならば最適化手法の見直しが必要になるであろうと共に、広く重要性が認められる情報が検索結果の上位に検索されなくなるという恐れもあります。

目的キーワードの分析

建作エンジン最適化の出発点は、対象としたいウェブ利用者がどういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解することです。例えば、製品やサービスを比較しながら探す場合は、検索ボックスには製品の固有の名詞ではなく、一般名称が、特定製品の機能名ではなく、一般的な機能名が打ち込まれる傾向にあります。このような目的キーワードを設定することで、ページデザインなど他の最適化項目に進むことができます。

キーワードにそったページ構成

ある検索キーワードによる検索結果で上位にくるには、ページ検索キーワードに合致もしくは、関連するキーワード群を含んでいなければなりません。

あるページが、あルキーワードにどの程度関連しているかは、建作エンジン・スパイダーのアルゴリズムに基づいて決定されます。そのアルゴリズムは、ウェブページの順位を決定する公式を計算します。検索エンジンはウェブサイトが閲覧されるときに閲覧者が読もうとするテキストをHTMLの文書構造などに基づいて整理し、そのページは何を記しているページで、あるキーワードに関連性がどの程度かをはんだんします。

リンクの作成

多くの検索エンジンでは、ページの価値を判断する基準として、そのページがどれだけ他のページからリンクされているかという観点を採用しています。そのため、ウェブ上のほかの関係あるサイトに自分のコンテンツについて知らせて、リンクを求めたり、自己が運営する既存のサイトから適切なリンクを貼ったりする事が対策として行われています。

また、スパイダーはコンテンツのハイパーリンクをたどって巡回を行うので、建作エンジンに登録してもらいたい場合、そのページへのリンクを咲く制夷しておくことが必要になります。「サイトマップ」をさくせいすることは、その手法の1つで、推奨されていることでもあります。サイトマップじゃトップページやサイト上のすべてのページからリンクされているのが好ましいです。このページがあると、ひとたびスパイダーがサイトを見つけた時に、そのサイト全体が索引化されることが保障されます。

HTML*17による最適化

検索エンジンは、HTMLはtitle、meta、strong、hnの各要素を重視すると考えられているので、重要なキーワードをタグで囲って重要であることをしますこともされる。例えば見出しとして強調したい語句をfont要素で赤く大きな字で表示するようにマークアップすると、それは単に赤くて大きな文字というようにしか解釈されませんが、h1要素(とスタイルシートによる装飾)を使えば、検索エンジンにとってもそれが見出しであると解釈されて、ヒットしやすくなるという感じです。これは基礎的なセマンティック・ウェブ*18ということもできます。

なお、この手法は、過度に行うと検索エンジンスパムとみなされるので注意が必要です。